トップ  >  買取り業者にもノルマはあるんです

買取り業者にもノルマはあるんです


多くの会社の営業職についている方には、「ノルマ」というものが存在すると思います。

ノルマといっても、月々のものであったり、年のノルマであったり、様々です。


車買取り業者で買取りに走り回る社員も、職種は営業。

つまり、月々や四半期単位でのノルマが存在します。


どういったものがノルマになるかというと、もちろん会社によって異なりますが、

車の買取り台数であったり、買取りした車を売却した粗利であったりします。


車の買取り台数というのは、わかりやすいノルマですね。

1台でも多く買取ればよく、目標設定した台数に到達すればノルマ達成ということになります。


粗利がノルマという場合(私のいた会社はこちらでしたが)、車を買取った後、

オートオークションなどで売却をして、出た差益の合計が基準になります。

差益を増やせばいいわけですから、ノルマ達成するかどうかは、

いかにいい車を安くかってくるか、いかに多くの車を買ってくるかにかかってきます。

もちろん、オートオークションで高値で売却できればノルマ達成に近づきますが、

いかんせんオークションでの入札額は我々にはコントロールできません。


営業としてできるのは、できるだけ安くで買ってくるかということと、台数をさばく、

ということなのです。


みなさんが買取り業者に査定を依頼するときは、ノルマきついのかな?

ということを考慮にいれてくれると嬉しいですが・・・。


元車買取業者はどこで車を売却する?



元車買取業者は、どうやって車を売却するのか聞きました。
>>詳細はこちら


前
買取り業者=査定士?
カテゴリートップ
TOP
次
契約した後に査定を受けたら